サラ金で借りる時の信用情報とは?

サラ金で借りる時の信用情報とは?|サラ金業者一覧表

MENU

サラ金で借りる時の信用情報とは?

サラ金の融資の審査は、融資してもらう側が書いた書類のチェックや面談に加えて信用情報の照会も行います。

 

信用情報には氏名や住所、生年月日、電話番号、勤務先(の電話番号)、現在どこのサラ金あるいは銀行からどれくらいのお金を借りているか、過去に延滞あるいは自己破産していないかどうかなど色々な情報が詰まっており、信用情報を審査することでほぼお金を借り入れることが出来るかどうかが決まってしまいます。

 

例えば、過去に借金を踏み倒したりあるいは返済を3か月以上延滞していたりとか、自己破産を起こしていたり、任意整理(弁護士などに相談して債権者と利息の減額を交渉してもらう)などをしていたりすると5年間はそういった記録が残ることになり、違法でないサラ金業者からお金を借り入れることが5年間ほどは出来なくなります。(いわゆるブラックリストにのることになります。)

 

審査に落ちた事も分かってしまう

 

また、6か月間のみですが、審査に落ちてしまったという記録も残ったりします。サラ金業者に審査を受けると信用情報に○○社が信用情報を照会したという記録が残ってしまいます。そのとき借入額の記入欄があるのですが、そのサラ金からお金を融資してもらった場合は借入額が記載されます。

 

審査に落ちてしまった場合、借入額が0円のままです。サラ金業者に信用情報を照会してもらったのに借入額が0ですから当然審査に落ちたということになります。そのため新たに申し込みをしても一度前のサラ金に落ちてしまったことがサラ金業者にわかってしまいます。

 

そのため、6か月以内に再びサラ金に融資の申請に行くと、そういった記録が照会されることになってしまいますので、審査に通る確率は、一度審査に落ちたという理由でさらに低くなってしまう可能性があります。ただし、審査に落ちてから6か月過ぎた場合はそういった記録は抹消されます。

 

また、慢性的に借金を抱えている場合はそういった記録も信用情報に残りますので、次に融資してもらう際、もしかしたら審査に通る確率が低くなるかもしれません。

 

また、そういった借金をちゃんと返済できていれば良いのですが、急な出費で必要になったという理由で借りる場合は、あまりにも借金を重ねている人の場合、本当に必要だから借りているのか?と疑われてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

サラ金の信用情報は、銀行やその他の金融機関でもよくつかわれるので、一度した借金はきちんと返済することが重要となります。サラ金の返済は計画的に行いましょう。