15時以降で即日お金を借りたい場合

15時以降で即日お金を借りたい場合|サラ金業者一覧表

MENU

15時以降で即日お金を借りたい場合

基本的に、サラ金から即日融資してもらうためには平日の14時あるいは14時50分までにサラ金業者で申し込みが完了して銀行口座にお金が振り込み完了にならなければいけません。(参照:サラ金で即日融資で借りるには何時までに申し込めば良い?)

 

審査を行ってから完了するまでに30分から1時間程度かかるので、14時ぎりぎりに審査をしても窓口で即日融資してもらうまでには間に合わない可能性があります。

 

しかし、融資の速さなどには差はあるものの、ネット申し込み⇒自動契約機という流れでお金を借りる場合は土日祝日あるいは15時以降もお金を借りることが可能です。

 

自動契約機で審査をしてもらう場合、カメラ越しに運転免許証や健康保険証などの身分証明書や給料明細の提示などが求められるので契約の際には必要書類をあらかじめ持っておく必要があります。

 

ただし、借り入れる額には限度があり、最大500万といっても、ご自身の年収や借入れ状況によってはそれよりも大幅に少ない額でしか借り入れを行うことが出来ない場合がありますので、注意しましょう。また、カードローンの場合つい借り過ぎてしまうといった問題がありますので返済能力に合わせて借り入れを行う必要があります。

 

また、アイフルモビットなど大手のサラ金は三菱東京UFJ銀行やイオン銀行、セブン銀行や親和銀行などと提携しており、提携銀行から平日15時以降でも借り入れや返済が可能となっています。

 

夜の代行タクシーや電車賃、また友人との飲み会など急な用事などでどうしても夜にお金が必要な機械が出来たときにATMからお金を借り入れることが可能です。

 

また、借り入れは出来なくても返済だけならローソンやファミリーマートから行うことが出来ます。ATMはコンビニがあれば地方でもお金を引き下ろすことが出来るので便利です。

 

あんまり多額の現金を持ち歩いていると盗難などにあったりするので取り返しのつかない事態になります。多少引き出すのに手数料がかかったりと色々面倒なことがありますがなるべく財布にお金を入れすぎないようにして持ち歩くお金を少なくすることが重要です。

 

サラ金業者からお金を借り入れる場合は、提携銀行があるかどうか、また提携銀行は何かなどを調べておくと良いでしょう。ちなみに提携銀行から借り入れたり、ATMでお金をかりるなどする場合は通常の利息に加えて手数料が発生します。土日、祝日や夜などの場合だと手数料が上がります。平日に窓口で借り入れを行う方が安上がりになります。