サラ金の金利はどのくらい?どうやって決まる?

サラ金の金利はどのくらい?どうやって決まる?|サラ金業者一覧表

MENU

サラ金の金利はどのくらい?どうやって決まる?

サラ金の金利について調べてみるとどこも4.5%〜18%ぐらいの金利がついていることがわかります。4.5%〜20%のサラ金の場合、下限金利が4.5%、上限金利が20%ということになります。

 

どういったときに金利が○○%となるかについては、サラ金業者によっては異なりますが、定められる上限金利については貸金業法で以下の様に定められています。

 

  • 10万円以内の融資であれば金利20%が上限
  • 10万から100万円未満であれば金利が18%が上限
  • 100万以上の融資であれば金利15%が上限

 

これは法律で定められた上限ですので実際はもっと低くなります。もちろん、サラ金は多数存在するため、競争するために金利がどこよりも安いなどと宣伝しているサラ金も存在しています。

 

ところで下限金利が4.5%になるかどうかについてですが、これはサラ金から一度きちんと返済しており、かつ年収が安定していて融資額限度まで目一杯借りるといったような場合でなければこのような金利になることはないでしょう。

 

実質お金を融資してもらう場合は10〜18%あたりの金利になることは覚悟してください。

 

また、借金の月々の返済が遅れた分は遅延損害金といって金利20%となって借金の返済が求められます。このように借金の返済が遅れると、さらに利息が加わってしまうので、返済は遅れないようにするべきです。

 

ちなみに銀行の教育ローンや住宅ローン、マイカーローンなどの場合は金利が低く、多額のお金を融資してもらえる代わりに担保や保証人が必要で審査も厳しいですが、サラ金の場合は担保や保証人が必要ない代わりに利息を多めに取って自己破産や任意整理などを行ってしまった人の分までも回収できるようにしています。そうすることで貸し倒れとなってしまうことも防げます。

 

なお、金利が20%を超えてしまう所は、闇金といって法律的には違法ですので、そういった所からは借りてはいけません。また借りてしまったとしても、警察や弁護士に相談するなどすれば、借りた金額も含めて返済しなくていいのです。

 

電柱に貼られているような融資の相談といった内容のチラシは闇金です。そもそも無許可で電柱に広告を張り付けること自体は違法なのでまともなサラ金業者はそういったことをしません。

 

また、年利○○%というのは前年度の残高に利息が加わるといった意味なので、月々の返済額が少ないほど借金の返済する分は大きくなり、もしかしたら利息分だけで借金の返済が出来ないなんていう事態も考えられます。