サラ金と銀行カードローンはどっちがいいんや

サラ金と銀行カードローンはどっちがいいんや|サラ金業者一覧表

MENU

サラ金と銀行カードローンはどっちがいいんや

カードローンには銀行からのカードローンとサラ金からのカードローンがありますがこの2つ同じように見えて実は結構異なるものです。どっちも借金だし同じじゃんと思う人もいるかもしれませんが、後先考えずに借りて後悔しないようにするのも大切です。

 

手軽さではサラ金の方が有利

 

利便性では、サラ金の方が優れています。具体的には審査を受けてから完了するまでの時間、融資までの時間が短く、お金を借りたり返済することが簡単なことが挙げられます

 

また、無人契約機の融資の際も簡単な面談で済むことが多く、インターネットの場合は在籍確認の電話がかかるだけで銀行のローンと比べて面倒な手続きが必要ありません。

 

サラ金の借入・返済は無人契約機やコンビニエンスストアのATMでも出来ます。お手軽さという面ではサラ金の方が勝っていると言えるでしょう。

 

利息の支払いが少なく済むのは銀行ローン

 

カードローンの返済は毎月決まった日付に決まった金額を口座から引きおろしあるいは銀行振り込みといった手順を踏むことになります。その際、元本の返済に加えて利息分も支払わないといけないのですが銀行とサラ金のカードローンではでは金利の計算方法が違います。

 

銀行は、元利金等返済という方式によって利息をつけます。

 

これは、今ある借金の残高に応じて利息分もつけるという方式であるため、借金の返済が進むとその分だけ利息が少なくなり、元本の返済が進むという利点があります。

 

一方でサラ金はリボルビング方式を取っています。

 

これは、始めの借入額に対して金利が掛けられ、その利息を元金と合わせて毎月返済をする方式です。この方式だと借金の残高によらず利息は同じです。

 

また、一般にサラ金の金利は銀行と比べて高くなっています。

 

サラ金のカードローンは総量規制の対象

 

銀行とサラ金の最大の違いは適用される法律に違いがあることです。銀行の場合は銀行法、サラ金の場合は貸金業法が適用されます。貸金業法の改正により、総量規制が導入され、年収の3分の1以上の借金をすることが出来なくなりました。これは返済金額が膨大になり過ぎると利息だけで支払いが出来なくなってしまい、返済不能にならないようにするための法律です。

 

しかし、これはたとえば年収300万円の人は最大で100万の借金しかできなくなるので、どうしても大きなお金が必要という人に対しては不利となります。銀行のカードローンであれば総量規制が無いので銀行によりけりですがいくらでもお金を借りることが出来ます。

 

以上からまとめると・・・

お手軽さ、借りやすさという面ではサラ金が有利
利息が少なく多額のお金を借りられるという面では銀行のカードローンが有利

 

といった形になります・借りる金額、用途に応じて使い分けるのがベストでしょう。