何なんだよ申し込みブラックって〜聞いてないよぉ

何なんだよ申し込みブラックって〜聞いてないよぉ|サラ金業者一覧表

MENU

何なんだよ申し込みブラックって〜聞いてないよぉ

申し込みブラックとは、短期間で何社もお金の融資の申請を行ってしまい、どこからも融資の審査を通してもらえない場合を指します。

 

審査が下りるかどうかなんて分からないし、とりあえず適当なサラ金を数社あたってどれか1つにでも通ったらそこから借りよう!なんて考えている人に起こりがちな現象です。

 

まず、サラ金の融資の申請の際には、提出した書類や本人確認の書類の他に、信用情報の照会を行います。信用情報には、他の銀行やサラ金からの照会記録や、いくら借金をしているか、自己破産や任意整理を行ったり3か月以上の滞納をしているかどうかなどの情報が含まれます。

 

その際、何社からも融資の申請を行っていると信用情報の照会したサラ金の名前が信用情報に載ることになります。そのため、そちらの会社からお金を融資の申請を行っているという事がバレバレとなってしまいます。

 

サラ金側からすれば多くのサラ金から多額の融資の申請をしているのではないか、他のサラ金からお金を借りようとしているのですからもしかしたらこちらの会社への返済が滞ったり、借金が踏み倒されてしまうかもしれないと懸念されて、審査を通さないと判断してしまうでしょう。

 

1社のサラ金業者が審査を通さないのであれば当然どこのサラ金も融資を通してくれなくなる状態になってしまうわけです。そのため、滑り止めのために数社、サラ金から融資の申請をしたつもりが、かえって逆効果になってしまうのです。

 

どうしたら申し込みブラックにならないのか?

 

答えは単純で、短期間で何社にも申し込みの申請をしないことです。

 

最近では景気が悪いためかサラ金業者も融資額を引き下げたり審査を厳しくするなどしてなかなかお金を借りることが出来ない現状となっておりますが、就職活動や私立大学の受験みたいに滑り止めとして審査を受けることはやはり好ましくないといえます。

 

1〜2カ月に3、4回も融資の申請を行っているのであれば、基本的には申し込みブラックになる確率は高くなるでしょう。信用情報には、照会の記録は6か月間残ります。そのため、6か月を過ぎた照会記録は抹消され、サラ金の審査にも影響は無いです。

 

もし、1社だけじゃ不安でしたら、なるべく1、2カ月においては多くても融資の審査は2社に留めておき、審査に落ちたら何か月か間を置いてお金を借りるようにしましょう。

 

なお、審査の基準はサラ金業者によりまちまちですが、理由がギャンブルや他からの借金の返済などの理由ではなく、ある程度の返済能力を持っていたら審査は基本的に通ります。なので、1社からの審査に落ちてしまった場合は落ちてしまった理由を良く考えてみると良いでしょう。