サラ金で借りたお金はどうやって返済する?

サラ金で借りたお金はどうやって返済する?|サラ金業者一覧表

MENU

サラ金で借りたお金はどうやって返済する?

サラ金の返済は色々な方法があります。自動契約機のATMから返済したり、銀行振り込みや引き落とし、窓口での返済など、様々な方法があります。

 

サラ金の返済においては、利息が生じます。だいたいのサラ金業者では4.5%〜20.0%(平成26年度11月現在)の金利が生じています。なお、年利が20%超えるサラ金会社はいわゆる闇金融と呼ばれ、違法なので借りないでください。

 

銀行振り込みや口座からの引き落とし

 

利息を含めた通常の返済の他に手数料が生じます。10年、20年かけて返済する場合は手数料がかなりの額になるので、長期的に返済する場合は窓口で返済する方がいいかもしれません。ただし、借りたサラ金の無人契約機のATMからお金を振り込む場合は手数料が無料になることがあります。

 

窓口に行って返済する

 

窓口で返済する場合は、手数料は特にかかりませんが、借りたサラ金が自分の家あるいは勤務先から遠い場合は、わざわざ行く手間をかけて返済しに行かなければなりません。

 

電車賃や車のガソリン代その他をも含めて考えると、銀行振り込みでいくか、それとも窓口で返済しに行くかはよく考える必要があります。

 

お金の返済方式は?

 

返済方式は、毎月利息も含めて一定額の返済をする方式と、返済額を多めにして借金を繰り上げ返済する方式があります。繰り上げ返済する場合は、繰り上げた分の借金には利息が含まれませんので、完済するのに必要な金額はその分だけ減少します。

 

また、もし今月の収入が少ないなどで、どうしても月々の返済額が支払えない場合は利息だけ払って返済を遅らせることが可能です。この場合は借金総額自体は変わらないので利息を払った分だけ損していますが借金の返済をある程度待ってもらえるという利点があります。

 

ただし、高額の借金を背負っていて利息しか払えないといった場合は注意しましょう。

 

その場合は弁護士に依頼して任意整理を行って利息をゼロにしてもらうことも考える必要があります(ただし、任意整理すると信用情報に記録が残り、ブラックリストとして以後5年間はサラ金からお金を借りることが出来なくなります)

 

また、利息も払わず月の返済を滞納してしまった場合は延滞金が生じる可能性があります。

 

延滞金とは延滞した月だけ利息が上がり、余計に払わなくては行けなくなったお金のことです。借金を延滞しすぎると延滞金が溜まって借金が返済不能におちいる可能性があります。借金の返済に困ったらサラ金の窓口で一度相談する必要があります。