サラ金の利用目的でNGな事ってある?

サラ金の利用目的でNGな事ってある?|サラ金業者一覧表

MENU

サラ金の利用目的でNGな事ってある?

サラ金からの融資は、住宅ローンや教育ローン、マイカーローンといったものとは異なり基本的に利用目的は問われません。そのため、融資のご利用目的自体は何でも良いはずですが実際は多くのサラ金業者で利用目的は問われます。

 

サラ金で融資の相談をすると多くの場合、利用目的を書類に記入したり、直接問われることがあります。サラ金の融資はフリーキャッシングと呼ばれ、借りたお金は使用用途は特に問われないはずですが、お金を貸す方もちゃんと返済してくれる人に貸したいわけですから借金の目的がよろしくない理由だと審査に通らない可能性があります。

 

サラ金からのお金の借り入れの理由としては、大多数の人が生活費やレジャー、趣味のために借り入れをしている人が多いことが調査で判明しています。

 

そのため、利用目的として答えるならば上記で挙げた理由を挙げておけば、サラ金業者からしても安心してお金を貸すことが出来るでしょう。また、生活費のために必要といっても、急にお金が必要になったという理由で借りる方が良いです。

 

たとえば急な入院や事故などでお金が今すぐ必要になったとか、冠婚葬祭で必要になった、旅行で予定外の出費がかかったという理由の方が、審査に通りやすくなります。

 

あくまでも急なイベントでどうしてもお金を借りたいと告げる方が、借りる側が借金を重ねている人じゃないということをアピール出来ます。

 

こんな使用目的では通らない

 

基本的に借金の理由がギャンブルだったり、ほかの借金の返済に充てたいというものでは審査にはほぼ受からないといっても良いでしょう。

 

ギャンブルで借金を重ねる人というのはたいていサラ金からお金をかりてギャンブルに投資したところでさらなる借金を生み出してしまうのがオチです。そういった理由でお金を貸したら返済できないといったトラブルが生じるのは火を見るより明らかでしょう。

 

ほかの借金の返済に充てたいといった理由も同様です。

 

金回りが悪いから借金をするのですからどんどん借金が膨らむだけでサラ金業者からしてもお金を融資したくない相手だということは誰の目からも明らかです。

 

もし不健全な理由でお金を借りたり、あるいは借金の理由を答えたくないという場合は、あくまで生活費で急にお金が必要になったという理由を作っておく必要があります。その場合においても融資を受ける前に自分は本当に返済できるのかを念頭に置いてよく考えてから融資を受けましょう。